音楽活動

  • by

実は最近、彼の幼なじみが経営するアパレル会社の事業目的に、ある項目がエンターテインメントとして追加された。この会社には、かねてから長瀬さん本人が関わっていると伝えられていた。本格的に活動を再開することになったようだ。
同社の法人登記を確認すると、以前はアパレルや自動車用品の販売と記載されていたが、今年6月時点ではCDやDVDの販売、コンサートなどのイベントの運営、芸能プロダクションの経営と記載されている。
この会社の取締役は長瀬氏である。
長瀬さんの実母も取締役に名を連ねている。離婚後、母親が女手一つで長瀬さんを育てたということもあり、親子の絆はとても強い。彼女の活動再開は、長瀬さんにとっても心強いことだろう。
長瀬の脱退後、母親は週刊誌の取材に「きっと好きな音楽を続けてくれると思います」と答えている。
脱アイドル」を目指す長瀬の音楽活動には注目が集まりそうだ。
全国の不登校の生徒など、いろいろな人に会って元気と勇気を与えたい」と、クラファンで資金を集めていたものの、子供たちと接するのは最初だけだった。しかし、番組がグルメツアーと化し、大人サポーターが子どもたちにご当地グルメをごちそうするという展開になり、視聴者からは「クラファンの資金を返金すべき!」という声も。視聴者からは「クラファン資金を返金すべき!」という声も上がっています。
 9月5日に投稿した「日本一周の中止と返金について」と題した動画では、「サポーターは私を応援してくれているんです。支持者が批判している」とニュースで書くなら、ちゃんと調べてから書けよ。そこで、ゆたぼんに、訪問したフリースクールやその支援者に取材してもらった。
 日本一周を始めて間もない7月上旬に立ち寄った神奈川県の「湘南サドベリースクール」について尋ねると、その日の出来事を話してくれた。