野菜とたんぱく質を中心にした食事制限によるダイエット方法について

  • by

タバコをやめたこともあり、20歳のときから比べると10キロ以上も太ってしまった。また、会社で定期的に受けている健康診断でメタボ&高血圧の診断をされたことや若いときに買ったスーツや私服がきつくて着れなくなったことがきっかけ
私が実践したダイエット方法は、朝食はしっかり白米とおかずを食べるが、昼食は生野菜(ドレッシングはかけない)と鶏の胸肉と野菜ジュースだけにして、夕飯は納豆と魚肉ソーセージなど少量の食事で夜7時までに済ませるというものです。
私が野菜とたんぱく質を中心にした食事制限ダイエット法を実践した結果、1ヶ月で約2キロ減量することに成功しました。最初の一週間はあまり体重の変動はありませんでしたが、二週間目から徐々に効果が現れ始めました。なお、空腹の際はカロリーゼロの炭酸水などを飲むことによって、なんとか気持ちを紛らわすことにしていました。
野菜とたんぱく質を中心にした食事制限ダイエットをおすすめしたい人は、あまり運動する時間は取れないものの、比較的毎日規則的な生活を送れる方です。また、おすすめしない人は朝食を食べる習慣がない人です。朝食をしっかり食べないと、昼に接種するカロリーが不足し、夜に我慢が出来なくなると思います。
野菜とたんぱく質を中心にした食事制限ダイエットは、急激な体重減少はありませんが、無理なく少しずつ減量することが出来て、また野菜中心にすることで血圧を下げる効果も得られます。なお、週末は普通に食事をとっても効果はありますので、無理なく続けていけると思います。