肌の乾燥の対処方法

私が悩んでいたのは、肌の乾燥です。特に冬や花粉症の時期は鼻や口の周辺やおでこの乾燥が酷く、常に粉がふいているような状態でした。またかなりの敏感肌でもあり、SNSでおすすめされているようなスキンケア用品が使用できないことも悩みでした。
私が実践したスキンケア方法は、浸透を待つスキンケアです。
お風呂上りに導入化粧水→化粧水(パックを使用することもある)→美容液→乳液→アイクリーム等の順番でスキンケアをしますが、次から次へと塗るのではなく、一つ一つの液がしっかりと顔に浸透するのを待ってから次の段階へうつることを心がけていました。
私が浸透を待つスキンケア方法を実践してどうだったかというと、信じられないくらいに顔の乾燥が無くなりました。顔から粉がふくこともなく、お風呂上がりのもちもちした質感が次の日の朝まで保てるようになり、化粧のりもかなりよくなったように感じます。少し高めの洗顔を使用し、さらにパックを使用した次の日は特に効果が得られ、毛穴も気になることが少なくなりました。
浸透を待つスキンケア方法をおすすめしたい人は、乾燥肌、かつ、敏感肌な人です。
流行のスキンケア用品が自分の肌に合わなくても、化粧用品の塗り方を変えればもちもちとした肌に変えることができます。
少し時間がかかる方法にはなるので、スキンケアに時間が割けない人にはおすすめできない方法かなと思います。
まずは色々な化粧水や乳液を試してほしいです。その中から自分に合ったものを探すことが一番のポイントだと思います。
流行っているからと無理に使うと余計に肌を痛めてしまうので、流行りに乗らず、自分にあったものを使用して欲しいなと思います。
またこの方法は時間がかかりますが、浸透させている間に髪の毛を乾かしたり、少しストレッチをしてみたり、お風呂の掃除をしてみたり、LINEを一件返してみたり、いくらでも時間が有効に使えると思うので、そんなことをしながら気長にケアしてみてほしいなと思います。