社労士試験って何回目で合格できる?1回目からでも合格可能か解説します!

  • by

社労士の資格取得を目指しているのですが、平均何回くらいで合格できるのでしょうか?
これらは、社労士試験を受験する人なら誰もが一度は抱く疑問ではないでしょうか。今回は、社労士試験の魅力と、平均受験回数で示される合格率を分析します。
この分析から見えてくる、資格の魅力について解説します。
社労士試験の正確な受験回数のデータは残念ながら公開されていませんが、平均的な合格までの受験回数は4回程度と言われています。
しかし、だからといって4回受験すればほとんどの人が合格できるわけではありません。
試験には、1~3回受験して合格する人と、5回以上受験してやっと合格する人の2種類が存在します。
その結果、平均すると4回くらいになります。
実際、平均的な受験回数は年代によって異なり、2014年までは2~3回受験する人が大半を占めていました。
しかし、2015~2016年ごろから問題がかなり難しくなり、合格率が低下。その結果、受験回数が7回から9回に増えました。
一度は低下した合格率ですが、2017年以降は回復し、平均的な水準に戻りつつあります。
つまり、従来通り2~3回の受験で大半の受験者が合格する見込みです。
社労士の有資格者は、まず「社会保険労務士事務所」に就職するのが間違いなく有利です。
そこで経験を積んだ後、社労士として独立開業することも可能です。また、労災などの相談・指導を行う法律事務所に就職するのも有利でしょう。
その他、一般企業の人事・総務部門も有利な就職先です。
外注に頼る必要がないため、コスト削減の観点からも有利だからです。
社労士の平均年収は500万円から700万円と言われています。日本人の平均年収が約420万円なので、社労士の年収は平均より高いということになります。
ただし、社労士には2つのタイプがあります。しかし、社労士には、企業に雇用される社労士と、個人で開業しているフリーランスの社労士がいます。社労士は一般的に、給与とは別に1万円から3万円程度の資格手当が支給されます。
一方、個人事業主の社労士は、社会保険や労務の手続き、給与計算、書類作成など、自分で専任の業務を行います。個人事業主社労士の中には、年収1,000万円という方もいらっしゃいます。働き方次第で、より高い年収が期待できるのが違いです。
社労士試験は、通信講座の活用で1回や2回で合格出来る方もいます。
おすすめの通信講座については、下のページで詳しく説明されているので、1回で合格したい方は一度ご覧いただけたらと思います。
おすすめの社労士通信講座の比較検証