法人の新規開拓営業!飛び込み営業はやっぱり怖い!

今、私は法人の新規開拓営業をやっています。しかも、飛び込み営業です。

飛び込み営業、テレアポ・・・色々な営業方法がありますが、やっぱり初回アプローチは本当に難しいですよね。

会社員で営業の仕事をしている方の中にも、相当お悩みの方がいるのではないでしょうか。

そんな方には、こちらのような個人でも依頼できるテレアポ代行に依頼してみることをおすすめします。

月に数件単位でもアポ取りをしてくれますから、あともう少しで営業ノルマ達成なのに!という時にも役立ちますよ。

さて、冒頭に書いたように私は、飛び込み営業で法人の新規開拓をしています。

新規開拓営業を任させる際、社長からは「営業では、相手から断られるのが当たり前だ!」「法人の飛び込み営業は、1件でも多く回れば契約が決まる!」と教わりました。

しかし人間というのは、そう単純ではありません。

てしまいますし、足がすくんで動けなくなってしまうこともしばしばです。

もちろん仕事ですし、新規開拓といういわば会社の命運をしょっていることは頭で分かっているのですが・・・。

ちなみにこれについて社長に相談してみたところ、社長からは「飛び込み営業は慣れだ!」「慣れれば大丈夫!」と言われるのですが、「行ってきます!」と会社を出た途端にやっぱり億劫になり、カフェのお店や漫画喫茶などに駆け込んで時間をつぶす、なんてこともしばしばです。

自分でも「これじゃいけない!」「とても情けない!」と思うのですが、どうしても法人の新規開拓(飛び込み営業)が出来ません。

そんな私を見かねてか同僚が、『飛び込み営業じゃなくて、テレアポで初回アプローチをしてみたらどう?』と、アドバイスをしてくれました。

まさに目からウロコ。早速飛び込み営業ではなく、テレアポでやってみようと思っています。

そしてもし、テレアポでもつまずいたら、冒頭で書いたようなテレアポ代行に頼んで何とかしてもらうつもりです。