ブログ記事の書き方や運営方法とブログのアクセス数

ブログの更新を始める人は多いですが、実際にブログを始めると面倒で時間もかかります。
ブログ記事も最初の10記事程度で止まってしまい、後は更新されないことも多くあります。
ウェブマーケティングの手法はいろいろありますが、ブログは無料で始めることができるので敷居が低く、誰でもできると思われがちですが、そんなことはありません。

一見してブログは簡単そうに見えるし、誰でも更新できると思われがちですが、誰でも向いているわけではありません。
ブログを始めても、途中で挫折してしまう人ばかりで、ほとんどの人が続けられないそうです。ある統計によると、ブログの継続率は1年後で30%、3年後になると3%まで下がり、ここまで来るとわずかな人のみがブログで収益を得たり、アクセスを伸ばせることがわかります。

ブログはリスクを恐れて無難な記事ばかり書いても、アクセス数は伸びないし、継続して記事を書くことがとても重要です。
ブログは仕事でも義務でもないし、他のブログと比べても意味はありませんが、ブログを成長させてアクセス数を伸ばすためには、マイペースで続けることが大切だと思ってます。
ブログの運営方法やアクセス数を伸ばすための秘訣の他に、ブログを運営する上のリスクなどは、実際に運営してみないとわかりません。

ウィンドミルの以下の記事では、ブログ運営報告やサーバーの選び方、ドメインの移行、アクセス数の推移とレポート、運営ノウハウなどを紹介しているので、ブログ初心者には役に立ちますよ。

Googleアナリティクスやサーチコンソールはアクセス解析に欠かせないツールですが、これでアクセスの動向を見ていると、いろいろな発見があります。
ブログを長年続けていると、アクセスの動きやPVを伸ばす方法、Googleの動向がいろいろと見えるようになります。
ブログ運営で得られる知識と経験は、お金で買えないほど貴重なものです。

ブログは作文の才能や、文章作成能力が必要なので、人によって明らかな向き不向きがあります。もしブログに向いてないと思ったら、他のマーケティングや集客方法を検討したほうがよいでしょう。
しかし、がんばって自分の中にある文章の才覚を引き出すことができれば、ブログ更新で収益を得たり、アクセスを伸ばし続けることができるでしょうね。