うつ病の兆候とは?

  • by

うつ病の精神的な症状に気づく前に、身体の不調が現れることがあります。
食欲不振
性欲の欠如
寝付けない、または過度の睡眠
疲労感、無気力感
頭痛や肩こりがする
急速な心拍数
胃のむかつき、便秘、または下痢
めまい
うつ病 治療しないとどうなるのですか?
軽度のうつ病を放置すると、うつ病や不眠症などの精神障害に発展することがあります。そのため、早期に治療を開始することが非常に重要なのですが、実際には自分で症状を認識することが難しいため、知らない間に症状が進行していることがあります。原因不明の深い悲しみや気分の落ち込み、夜眠れないなど、いつもと違う症状がある場合は、医療機関を受診することをお勧めします。
何もかもに疲れた?
気分障害とは、突然何もかもが嫌になったり、突然何もかもが嫌になったりする症状です。気分障害は、自分の気分の変化をコントロールできなくなり、日常生活や人間関係に支障をきたす病気です。多くの場合、過度のストレスや過労が引き金となって発症します。
しかし、1万人に1人の割合でこの障害に苦しんでいる人はどうでしょうか?
1万人に1人の難病 患者の孤独感
1886年にシャルコー、マリー、トゥースの3人の医師によって報告された、遺伝子異常による末梢神経疾患の総称「シャルコー・マリー・トゥース病」をご存じでしょうか?日本では1万人に1人の割合で発症していると言われています。